【指定申請代行】【実地指導】【助成金申請】【スタッフ管理】

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設とは、「介護が必要で、かつ在宅介護が難しい状態の高齢者」のための、公共の入居型福祉施設です。
公共の介護施設の中でも料金が比較的低く、利用したい人が多いのも、介護老人福祉施設の特徴です。
要介護3以上の認定を受けた、自宅での生活が非常に難しい高齢者が入居対象となり、日常生活における介助を24時間体制で行っています。
この介護老人福祉施設は、一般的には特別養護老人ホーム(特養)のことを指していて、同義です。
どちらかというと「特養」という呼び名のほうが一般的です。

介護老人福祉施設と介護老人保健施設(老健)の違い

介護老人福祉施設と介護老人保健施設は、一見して名前が似ていることからしばしば混同されやすい2種類の施設です。
介護老人福祉施設は、生活支援を受けながら、より長く生活ができるようにと利用する施設です。
それに対し介護老人保健施設(老健)は、介護を受けながらリハビリをして在宅復帰を目指す施設であるということです。
それぞれ施設利用の目的が違うことから、利用期間や入居対象などが大きく異なるため、注意が必要です。

介護老人福祉施設の利用対象者は?

介護老人福祉施設(特養)の利用条件は厳しい?

介護老人福祉施設を利用できる対象者は、主に次のような高齢者です。
・要介護3以上で65歳以上
・要介護3以上で特定疾病が認められている40歳~64歳
・特例が適用されている要介護1~2の高齢者
この条件を見る通り、かなり入居可能対象者の条件が狭いことがわかります。
実際、かなりコストを抑えられ、かつ高い要介護状態の利用者も受け入れることが出来ることから、地域によっては入居希望者が多く待機を余儀なくされるケースもあります。

介護老人福祉施設で受けられるサービス

介護老人福祉施設では、都道府県が定めた「特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」に則って、サービスを提供しています。介護ケアと医療ケアの側面で、サービス内容を見ていきましょう。

介護ケア

食事
・介護老人福祉施設で提供される食事は、資格を持った栄養士が管理しています。入居者の体調や趣味趣向を考慮して作られていて、鮮やかな見た目も魅力です。家庭復帰を目指す意味を込めて、一般家庭と同じ食事時間に提供されています。

入浴

・入浴回数は、介護老人福祉施設によって異なりますが、週2回の施設が一般的と言えるでしょう。寝たきりの入居者でも入浴できるように、機械浴槽などを導入しています。入浴しない日は、清拭をし清潔な生活を維持します。

トイレ

・出来る限り、自立した排泄をサポートします。寝たきりの入居者は自立した排泄ができないため、オムツを取り替えるなどのサポートをします。

レクリエーション

リハビリ目的で、レクリエーションを行います。手先を使うものもあれば、全身を使うもの、脳を使うものなど様々です。四季折々の年中行事を織り交ぜ、多彩なレクリエーションを企画します。

医療ケア

健康チェック

医師や看護師が、入居者の健康チェックを行います。入居者の体調が急変した時は、ナースコールを利用することで、緊急対応可です。また、食中毒の予防や地域の病院と連携を取るなどの努力も見せています。

リハビリテーション

日常生活に戻るトレーニングで欠かせないのが、リハビリテーションです。辛いメニューにならないように、それぞれに合わせたメニューを組みます。

介護老人福祉施設の種類

介護老人福祉施設は、3タイプの入居方法があります。
1.多床式
2.従来型個室
3.ユニット型個室
です。それぞれの特徴を見ていきましょう。

多床室

相部屋で利用する部屋です。1室4人の施設が目立ちます。

従来型個室

一人一室で利用するタイプです。入居者のプライバシーを守ることができます。

ユニット型個室

ユニット型個室は、2002年に制度化されました。一人一室とした上で、10名前後のユニットとして共同スペースが設けられています。こうすることで、入居者のプライバシーを守りつつ、家庭的な雰囲気が出せるのです。

介護老人福祉施設のメリット・デメリット

介護老人福祉施設の利用には、他の施設と比較した際のメリットもデメリットもあります。双方を理解することで、利用するのに適しているかがわかりやすくなるのではないでしょうか。

介護老人福祉施設のメリット

・費用が安い
介護老人福祉施設は入居一時金がなく、他の施設形態と比べると費用は安いと言えます。料金の詳細については後述します。

・24時間体制の介護
介護老人福祉施設では、介護スタッフが24時間スタンバイしています。真夜中のトイレなども万全です。

・倒産リスクの少なさ
介護老人福祉施設は、社会福祉法人が運営することがほとんどなので、民間企業に比べると倒産のリスクが低いです。追い出される心配が少ないので、ゆっくり入居できます。

介護老人福祉施設のデメリット

・要介護3以上でないと入居できない
介護老人福祉施設に入居できる高齢者は、要介護3以上からと定められています。特例で、要介護1~2で入居できる場合もありますが、基本的には重度の介護が必要な方が入居できる施設となっています。

・入居待ち
介護老人福祉施設は、その値段の安さから、入居希望者が多く、入居に時間がかかります。1年前後かかることは、珍しくありません。入居待ち期間は施設や地域によって異なるので、気になる施設があれば問い合わせてみましょう。

・医療サポートが比較的手薄
介護老人福祉施設は病院ではないため、看護師の24時間配置は義務付けられていません。そのため、夜中に医療サポートが必要な高齢者は、入居を断られることもあります。

相談料無料です。お気軽にお問い合わせください TEL 052-856-2848 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]
愛知県愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12
大名古屋ビルヂング25階

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

名古屋ひまわり事務所総合サイト 【開業・開設・立上げ・経営支援】

岐阜ひまわり事務所総合サイト 【開業・開設・立上げ・経営支援】

名古屋で【助成金申請代行】で【開業・開設・立上げ・経営支援】

名古屋で【各種許可申請代行】で、【開業・開設・立上げ・経営支援】

名古屋で【人材派遣業】の【開業・開設・立上げ・経営支援】

名古屋で【建設業】の【開業・開設・立上げ・経営支援】

  • facebook

固定ページ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.